28年度行政書士試験「試験に出る民法」契約各論編

28年度行政書士試験「試験に出る民法」契約各論編(伏見 浩光)

28年度行政書士試験「試験に出る民法」契約各論編とは

28年度行政書士試験、民法の契約各論の問題集である。行政書士試験は、問われているのは結論であること。10年ほど過去問を遡っても、一度出題された問題・論点は出題されないこと。
 以上から、本問題集では、今年出題されそうな新作問題を掲載した。皆さんは、何度も問題を解いて、結論を覚えてしまいましょう。

商品種別:DL

商品内容:PDF26ページ、設問数156

販売者名:伏見 浩光

▼いますぐチェック!▼

28年度行政書士試験「試験に出る民法」契約各論編の公式ページへ

管理人よりワンポイント!

伏見 浩光さんの資格・技術系の商材、28年度行政書士試験「試験に出る民法」契約各論編に関するあれこれですが。 学科試験は4択問題のマークシート方式で、実技試験では自分の好きな科目を選択し、記述の試験を行います。一般職試験は、「大卒程度試験」と「高卒者試験」に分かれます。そうする事で、点数アップを図る事が出来ます。1級から5級まで全部で7段階の試験が行われ、全ての等級で筆記試験とリスニング試験が実施されます。また、身長が低い、身体能力が著しく劣る等、職務に影響が出ると考えられる人も受験する事が出来ません。・保健医療サービスそれに、全国50の大学がITパスポート試験の資格を取得することで、単位認定してくれるのです。請求方法は2つあり、窓口での請求(土日祝日を除く9時から17時)と、郵送による請求があります。海上特殊無線技士の受験概要とは、一体どんなものなのでしょうか。2年間で合格することを目標に、計画を立ててみるといいでしょう。

▼いますぐチェック!▼

28年度行政書士試験「試験に出る民法」契約各論編の公式ページへ