28年度行政書士試験「試験に出る民法」 物権・担保物権編

28年度行政書士試験「試験に出る民法」 物権・担保物権編(伏見 浩光)

28年度行政書士試験「試験に出る民法」 物権・担保物権編とは

28年度、行政書士試験の民法・総則編の問題集である。行政書士試験は、理由より結論の暗記が大事。そして、過去問を解くよりも、予備校や市販で出されている新作の模試等を、出来るだけ多く当たり結論を覚える事が肝要。
 そんな観点から、本書では過去問の出題論点等を踏まえ、今年出そうな新作問題を掲載した。それなりの分量があるが、繰り返し解いて覚えてしまいましょう

商品種別:DL

商品内容:PDF26ページ 設問数129問

販売者名:伏見 浩光

▼いますぐチェック!▼

28年度行政書士試験「試験に出る民法」 物権・担保物権編の公式ページへ

管理人よりワンポイント!

伏見 浩光さんの資格・技術系の商材、28年度行政書士試験「試験に出る民法」 物権・担保物権編に関するあれこれですが。 ・放射線の測定及び放射線障害の防止に関する技術・・・出題範囲としては、放射線の測定、放射線管理(被曝管理、環境安全)、放射線障害及びその防止、放射性廃棄物の管理、その他、放射線の測定及び放射線障害の防止に関する技術についてです。・ウェブインフォメーションデザインITに関する基礎知識と能力を持った人材だということを証明してくれる資格です。この土地が減らされる事を減歩と言います。それでは、文書処理(ワープロ)能力検定とは、一体どういった資格なのでしょうか?この資格を取得しておくと、就職に役立つのでしょうか?まず、文書処理(ワープロ)能力検定は、1級から4級までに分かれていて、その級に応じて文字入力の正確さやスピード、また、国語力や文書作成能力を試験します。・厚生労働大臣が指定した養成施設を卒業する方法秘書検定2級と3級の受験対策としては、過去の問題をこなすと良いでしょう。受験のスケジュールは、申込が3月上旬に行われ、1次試験が6月下旬、2次試験が8月中旬~下旬となっています。国語知識-漢字、送り仮名、熟語、慣用句税務会計能力検定と言う試験がある事は、ご存知ですか?これは、全国のおよそ300校の専門学校が加盟している、公益社団法人全国経理教育協会、略して、「全経」が実施している、経理や会計の専門学生も数多く受験する検定試験です。

▼いますぐチェック!▼

28年度行政書士試験「試験に出る民法」 物権・担保物権編の公式ページへ