28年度行政書士試験「試験に出る民法」 総則編

28年度行政書士試験「試験に出る民法」 総則編(伏見 浩光)

28年度行政書士試験「試験に出る民法」 総則編とは

28年度、行政書士試験の民法・総則編の問題集である。行政書士試験は、理由より結論の暗記が大事。そして、過去問を解くよりも、予備校や市販で出されている新作の模試等を、出来るだけ多く当たり結論を覚える事が肝要。
 そんな観点から、本書では過去問の出題論点等を踏まえ、今年出そうな新作問題を掲載した。それなりの分量があるが、繰り返し解いて覚えてしまいましょう。

商品種別:DL

商品内容:PDF30ページ

販売者名:伏見 浩光

▼いますぐチェック!▼

28年度行政書士試験「試験に出る民法」 総則編の公式ページへ

管理人よりワンポイント!

伏見 浩光さんの資格・技術系の商材、28年度行政書士試験「試験に出る民法」 総則編に関するあれこれですが。 なお、武道有段者の試験は、一次試験の論文のみ(1題を80分)で、基礎能力試験や二次選考はありません。試験概要としては、おおまかに以下の通りです。受験のスケジュールは、申込が3月上旬に行われ、1次試験が6月下旬、2次試験が8月中旬~下旬となっています。実用英語技能検定は、年に3回全国各地で試験が行われ、受験しやすいのも魅力の1つに挙げられます。それに、一般企業への就職の際にも、この食品衛生監視員の資格を有していると有利に働く事があります。社会人になってから取得する場合には、業務的に忙しい時期を避けた受験日を選びましょう。筆記(マークシート)35分・リスニング25分国税専門官は、基本的に試験に合格すると各地方国税局に採用されます。もちろん、時間制限を設けて書くようにしてください。みとり算(100字)・かけ算(11桁)・わり算(10桁)

▼いますぐチェック!▼

28年度行政書士試験「試験に出る民法」 総則編の公式ページへ